Cast & Staff

1961年、東京都出身。映画『連合艦隊』(1981)でスクリーンデビュー。同作品で日本アカデミー賞 新人俳優賞を受賞。1983年のドラマ『ふぞろいの林檎たち』(TBS)は、大ヒットを記録。映画『壬生義士伝』(03)では日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞を獲得。近年の出演映画には『柘榴坂の仇討』(14)『アゲイン 28年目の甲子園』(15)などがある。2016年10月には『グッドモーニングショー』の公開が控えている。

1961年、秋田県出身。1986年映画「南へ走れ海の道を!」で本格的にスクリーンデビューし、同作品で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞する。以降、映画、ドラマ等で活躍。中でも1997年から放送されたTVドラマと映画の「踊る大捜査線」シリーズが人気を呼ぶ。近年の出演映画には『聯合艦隊司令長官 山本五十六』(11)『遺体 明日への十日間』(13)『アゲイン 28年目の甲子園』(15)「案山子とラケット」(15)などがある。

1979 年、木下惠介監督『衝動殺人息子よ』映画デビュー。『深川通り魔殺人事件』主演、その後、伊丹十三監督作品『マルサの女』『ミンボーの女』で脚光を浴びる。『病院へ行こう』日本アカデミー助演男優賞、『砂の上のロビンソン』太平洋映画祭主演男優賞、『バカヤロー! 私、怒ってます』で毎日映画コンクール男優助演賞を受賞。『恋するトマト』主演、2013 年『じんじん』インディオ映画祭主演男優賞、次回作『じんじん~秦野編~(仮)』『サバイバルファミリー』は2017年公開予定。

1974年、東京都出身。1995年から劇団カムカムミニキーナに参加。『白線流しスペシャル 〜19の春』(97)でドラマデビューを果たした後、数多くのドラマに出演。スクリーンデビューは2003年の『恋愛寫眞 Collage of Our Life』。近年の出演映画には『グラッフリーター刀牙』(12)『忘れないと誓ったぼくがいた』(15)『龍三と七人の子分たち』(15)などがある。

1985年、大阪府出身。2001年『第1回ホリプロNEW STAR AUDITION』でグランプリを獲得。その後、TVドラマ、映画と幅広く活躍。近年の出演映画には『エイプリルフールズ』(15)『知らない、ふたり』(16)『秘密 THE TOP SECRET』(16)などがある。2016年10月には『グッドモーニングショー』が、2017年には『ママ、ごはんまだ?』の公開が控えている。

1987年、東京都出身。4歳でCMデビュー。幼少よりドラマ、舞台、CM、映画で活躍。2010年に『手のひらの幸せ』で映画初主演、2011年にTVドラマ『ひとりじゃない』で連続ドラマ初主演を果たす。近年の出演映画には『ALWAYS 三丁目の夕日’64』(12)『リアル鬼ごっこ5』(12)『バイロケーション』(14)「劇場版 猫侍」(14)『ブルーハーツが聴こえる「人にやさしく」』(16)などがある。

1971年、東京都出身。舞台女優として活躍後、「炎の消防隊」(96/EX)でドラマデビュー。以降、数多くのドラマに出演し、スクリーンで初主演を果たした『ぐるりのこと。』(08)で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、ブルーリボン賞主演女優賞を受賞。近年の出演映画には『夢売るふたり』(12)がある。2016年10月には『金メダル男』『バースデーカード』の公開が控えている。

1975年、静岡県出身。舞台およびTVドラマ、映画、・ナレーションなど幅広い分野で活躍。スクリーンデビュー作は『筆子・その愛 -天使のピアノ-』(07)。近年の出演映画には『闇金ドッグス2』(16)。ドラマには『下町ロケット』『真田丸』などがある。

1971年、福岡県出身。舞台、TVドラマ、映画、そしてお笑いと、幅広い分野で活躍。スクリーンデビュー作は1999年の『アドレナリンドライブ』。近年の出演映画には『アウトレイジ』(10)『サンゴレンジャー』(13)『百円の恋』(14)などがある。

1969年、愛知県出身。1996年、演劇ユニットちからわざを旗揚げ。全公演で作・出演。多数のドラマ・映画に出演し、「ケータイ刑事銭形シリーズ」(BS-TBS)「家族八景」(MBS)などのドラマ脚本を執筆。映画「memo」(08)や「私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな」(LaLaTV)では脚本・監督を務めた。近年の出演映画には、『明烏』(15)『天空の蜂』(15)『任侠野郎』(16)などがある。

1958年、福島県出身。数多くのTVドラマ、舞台、映画、CM等で活躍。近年の出演映画には、『踊る大捜査線 THE MOVIE』(98)『犯人に告ぐ』(07)『沈まぬ太陽』(09)『聯合艦隊司令長官 山本五十六』(11)などがある。

1989年、東京都出身。2009年女優デビュー。舞台、映画、ドラマ、CMに出演し幅広く活躍中。「天誅〜闇の仕置人〜」(13/CX)でドラマ初主演を果たし、『指輪をはめたい』(11)でスクリーンデビューを果たす。近年の出演映画には、『ハードロマンチッカー』(11)などがある。

1949年、愛知県出身。映画、ドラマ、舞台、CMと幅広い分野で活躍。スクリーンデビュー作は、1990年の『天と地と』(90)で初狩野源五郎役を務めた。近年の出演映画には、『殴者 NAGURIMONO』(05)『クライマーズ・ハイ』(08)『夕の江の街に』(12)『任侠野郎』(16)などがある。

1995年、北海道出身。2009年、「第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で審査員特別賞を受賞し芸能界にデビュー。近年の出演映画には、『人狼ゲーム クレイジーフォックス』(15)『ライチ☆光クラブ』(16)などがある。『Oh My Z!(オー・マイ・ゼット!)』が11月5日(土)に公開予定。

1994年、愛知県生まれ。10代よりティーン誌のモデルとして活動。モデルを卒業後、2014年の映画「TOKYO TRIBE」でヒロインに抜擢。翌年「東京無国籍少女」で映画初主演を果たす。近年の出演映画には、「雨女」(16・主演)、宮藤官九郎監督作品「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」(16)などがある。

1985年、埼玉県出身。2004年、「週刊朝日」の表紙でモデルデビュー。2006年「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」(NTV)でドラマデビューを果たし、女優に専念する。2011年『ハナばあちゃん!! わたしのヤマノカミサマ』で映画初主演を果たす。近年の出演映画には、『KG カラテガール』(11)『SP THE MOTION PICTURE 革命篇』(11)『共に歩く』(14)などがある。

1984年、東京都出身。2002年、「壬生義士伝〜新撰組でいちばん強かった男〜」(TX)でドラマデビュー。2007年『県警強行殺人班 鬼哭の戦場』で映画初主演を果たす。近年の出演映画には、『相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ』(14)『クロスロード』(15)『サブイボマスク』(16)などがある。

1958年、福岡県出身。1980年、「ザ・ロッカーズ」のボーカルとしてデビューし、注目を集める。以降俳優として、TV・ドラマ・舞台・映画と活躍の場を広げ、コメディからヒューマンまで幅広く演じる実力派俳優として活躍。映画製作では、独自の視点・切り口からオリジナル作品を企画・監督し、2003年『ロッカーズ』で自身のバンド活動を描き、長編映画監督としてデビューを飾る。長編2作目は2007年にアイスホッケーをテーマにした青春スポーツ映画『スマイル~聖夜の奇跡~』が公開された。

1975年、愛媛県出身。俳優・声優・演出家・脚本家として活躍。脚本家としては、2013年に映画『桐島、部活やめるってよ』で、第36回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞。2015年には、演劇をテーマとした青春映画『幕が上がる』、『ストレイヤーズ・クロニクル』『ティストラクション・ベイビーズ』の脚本を手掛けている。