幸福は何?ネットカジノでくじに当たったら幸せか?

映画「幸福のアリバイ」では、様々な悩みを抱える登場人物たち、でもどこか共感できる愛すべき人々を微笑みながら見守ることのできる心温まる映画です。

さて、この幸福のアリバイの中では、「人生のシャッターチャンス、そこには確かに幸せがあった」という表現が出てきます。

この言葉の意味はぜひ映画の中で確認してくださいね。

さて、ほぼ全ての人にとって「大金を手に入れること」は幸福なことであると感じますよね。

それを手っ取り早く叶えられる方法としては、ロト6などのくじがあります。

では、そういったギャンブル(完全に運の勝負ですがくじもやはりギャンブルのうちです)で莫大なお金を手に入れると本当に幸せになれるのでしょうか?

精神分析者のクミュール氏は以下のように語っています。

「高額賞金を獲得すると、多くのケースで道を踏み外してむしろ不幸になっています。

また、莫大なお金とは言えない、例えば10万円をくじで獲得したとしましょう。

今度はそれが癖になって、くじにのめり込んでしまうようになります。

もちろん、これはくじだけでなく、全てのギャンブルに対して言えることです」

しかし、実際にくじで大勝した人全員が不幸になっているかというと、そんなことはないはずです。

「大金を得るといずれ不幸になる」

もしそうだとしたら、これはくじで負けてしまう大半の方にとっては、率直に言って嬉しいことですよね。

「私は負けたけど、結果的には勝った人間よりも幸せになれるのだから……

自分を納得させるための魔法のフレーズのようにも思えます。

また、実際にあなたがくじで莫大なお金を得た人と会ったことがあるでしょうか。

恐らくないでしょう。ですから、本当のところはあなた自身がくじで大勝しないと分からないと思います。

ただ、オンラインカジノやライブカジノといった勝負を「お金」以外の目的でもプレイすれば、勝ったときより幸せになれるはずです。その目的とは何か。ズバリ「勝ったら楽しい」という単純な事実です。そして、負けても「あ~楽しかった」で終わることができれば最高です。

オンラインスロット、オンラインバカラ、オンラインブラックジャック、オンラインルーレットなどなど、これらのカジノゲームは全てゲーム性に富んでおり、「買って、あとは運を天に任せるだけ」のロトなどよりも大半の方が楽しいと感じるでしょう。

そういったネットギャンブルで、ちょっと普段よりも豪華なものが食べられるくらいに稼ぐ。これは間違いなく「短期的で素敵な幸福」だと思います。